想像と創造の狭間で(プラモデル製作日誌を中心に)

基本、プラモデルの製作過程やカラーアレンジの紹介が中心ですが、たまに日本語にまつわる疑問・関心事についても書いていきます。

HGCE インフィニットジャスティス その2

令人:こんにちは! また間が空いてしまってすみません!

和歌:まったく、もうすぐ2箇月ですよ。

令人:その間にも少しずつ進めてはやり直したりして、いやあ、スジ彫りはやっぱり難しいですね。

和歌:それでは、早速見ていきましょう。

 

足部

令人:足の甲の、白いパーツをメタレッドに塗り替えています。

和歌:足裏のモールドや2分割されているところもHGとは思えないですね。

令人:でも、こっち方向に足が曲がっても、接地性が上がるわけでもないんだよなぁ。

和歌:インジャと云ったら蹴りですよ。蹴りのポーズがよりサマになりますよ、きっと。

令人:なるほどなぁ。

 

脚部 

令人:大腿部の膨らみを削って平面にしようとしたんですが、こんなことになってしまいました。

和歌:うわ、うっす! これ、スジ彫りできるんですか?

令人:なんとか、浅めに入れました。

令人:下のプラ板を使ってスジ彫りのガイドとしました。そしてこれが、脚部全体。

令人:ところどころ凹モールドをピンバイスで入れ、シャインシルバーで塗る、というより流し込む感じですね。そして、膝関節はここまで曲がります。

和歌:180度までは行かないけど、なかなかの角度ですね。

令人:脚部も元々白いところをメタレッドに塗り替えています。

和歌:写真では赤っぽくなってしまっているけど、ちゃんと光を反射しますよ。

 

肩部

令人:モールドを入れるため、後回しにしていた肩のパーツです。飛行機の翼端灯の イメージと最近のガンプラのトレンドに沿って2色の蛍光色を使っています。

和歌:これ、アンリーシュドガンダムを意識したみたいですけど、色が左右逆ですね。しかもアンリーシュドはオレンジじゃ無くて赤ですよ。

令人:なに!? オレンジは敢えて選んだんだけど、逆だったか~

 

腰部

令人:フロントとサイドのシルバー部分は、別パーツです。フロントはスジ彫りを施して色分けしてみました。

和歌:リアは何もモールドが無く、のっぺら坊だったんですよね。

令人:なので、適当にモールドを入れて塗り分けをしました。0.2mmのラインチゼルを使っていますが、スミ入れをするとこのブラウンの横線のように太くなることがあるんですよね。はみ出しているだけなのかな……

 

武装

令人:ファトゥムを作る前に、武装を先に作りました。

和歌:ビームライフルは素組みですね。

令人:ピンクのラインは付属のシールです。シールドは一部カラーリングを変更、△の部分は付属シールが付いていましたが、蛍光グリーンで塗っています。

 

和歌:あれ、と云うことは、本体はパーツが揃っているんじゃないですか?

令人:はい、と云うことで、本体を組み上げてみました。

和歌:お~、結構印象変わりますね。全体が赤くなって、グロス系の色を使っているのに逆に落ち着いたイメージになっています。

令人:やっぱり、組み上げてみないと分からないね、全体の印象は。

和歌:後はデカールトップコートですね。

令人:今回、撮影して拡大して見て気付いた部分もあるので、そういう所を直しながら仕上の作業に入ります。

和歌:まだ、ファトゥムが残っているのを忘れないように。

令人:2機とは行かないまでも、1.5機分くらいは作るようなもんだよな。

和歌:それでは、また。次はもう少し早く更新しましょうね。

令人:資格試験が終わったので、少しはスピードアップできるはずです。



HGCE インフィニットジャスティス その1

令人:えーと、あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

和歌:2月の下旬に何を云ってるんですか?

令人:いや、気が付いたらこれが2022年初の投稿なんだよね。

和歌:あー、そういえば。何をやってたんですか?

令人:仕事が忙しくなったのと、とある資格試験の勉強に時間を取られて、単純に作る時間が減ったのと、いろいろとやり直しが多くてね、今回のは。

和歌:ほぼ2ヶ月ぶりということですね。にもかかわらず、毎日アクセスがあったそうじゃないですか。

令人:本当にありがとうございます。では、挨拶はこれくらいにして、本題に入ります。今回はこちら!

f:id:Chiharo:20220223175929j:plain

和歌:おお、インフィニットジャスティス! これは2020年発売のHGCE版ですね。ちなみにBANDAIのロゴが青いのは、BANDAI SPIRITSの製品と云うことらしいですよ。
令人:HGCEは初めて作ったけど、パーツ分割やディテールの細かさとか、MGにかなり近い感じがしました。色分けも細かいし。

和歌:でも、なぜ今インジャを?

令人:RGでストフリとデスティニーを持っているので、ストフリとの共演とか、デスティニーとの対決を再現したくて、RGのインジャの発売を待っていたんだけど、全然出る気配もないじゃないですか。

和歌:ないですね。

令人:じゃぁ、HGに手を加えて、RGストフリなどと並べても遜色ない仕上がりにするしかない、と。そして、最近HGCCEが出たことを知ったので、購入したわけです。

和歌:今回のポイントは?

令人:スジ彫りに挑戦!オリジナルディテールも入れちゃうよ!です。

和歌:スジ彫りって、前もちょっとやってませんでした?

令人:ケガキ針を使って、モールドを深くする程度だったけど、今回はちゃんとスジ彫り用のツールを使ったんだよ。

 

この0.2mmと0.1mmを購入したんだけど、0.1mmは細すぎてほとんど使っていません。

和歌:0.1mmの違いって…

令人:1/144だったら0.1mm、1/100だったら0.2mmと思ったんだよ。

和歌:それでは、現在進んだところまで見てみましょう。

 

 

胸部・腹部

f:id:Chiharo:20220218235140j:plain

令人:これは部分塗装以外は素組みのものです。

和歌:コクピット周りとダクトの色を変えているんですね。

令人:今回のカラーアレンジは、できる限り真っ赤に!です。イージスみたいに全身を赤くしたい。RGに寄せるために赤は2色使おうと云うことで、ちょこちょことガンダムマーカーのメタレッドを使っています。

和歌:後は、デカールを貼ってトップコートを吹くだけですね。

令人:いや、今回は改修するよ。説明書の完成写真を見ると、全体的に円い、というかRが多い感じがしたので、ストフリに近づけるべく面やエッジを出していきます。例えば腹部――コクピットハッチになるのかな、ここも局面になっていたので、ヤスって平らにしました。

f:id:Chiharo:20220218235211j:plainf:id:Chiharo:20220218235230j:plain

和歌:左が作業前、右が作業後ですね。

f:id:Chiharo:20220218234914j:plain

令人:さらにコクピットハッチの上の部分も平らにしました。

和歌:この程度のヤスリがけで大丈夫なんですか。

令人:いやぁ、ヤスってたら裏にピン穴のあるところが貫通し始めてしまったので、慌ててやめたんだけど、もう少し細かい目で仕上げた方が良さそうだね。

和歌:それにしても、バルカン砲を上手く塗り分けましたね。

令人:実は上のバルカン砲は別パーツになっているのだよ。

和歌:ホントに、構成がMG並ですね。

 

腕部

f:id:Chiharo:20220218235514j:plain

令人:左が加工前の素組み、右がスジ彫りを加えて塗り分けています。

和歌:また違う赤ですね。でも微妙さがRGっぽいかも。

令人:さっきのコクピット周りは元々白いパーツで、こちらは赤いパーツにメタレッドを吹いてみました。だから、赤は3種類ということになるね。パーツ構成がホントに秀逸なので、「パーツの隙間からフレームがのぞく」というのをやってみました。

f:id:Chiharo:20220218235537j:plain

令人:ここでやめておけばいいのに、右腕の隙間を左腕に合わせようとしたところ――

f:id:Chiharo:20220218235557j:plain

和歌:あらぁ、やり過ぎてしまいましたね。

令人:合わせながらヤスったはずなんだけどなぁ。

和歌:フレーム部がシルバーなのは、設定に沿っているんですね。

令人:ガンダムマーカーのシャインシルバーをエアブラシシステムで吹いています。エアブラシシステムで吹いた色とマーカーの直塗りで色味があまり変わらなそうだったので、シルバーは切り離す前にランナーごと塗っています。

 

 

f:id:Chiharo:20220218235922j:plain

令人:左が加工前、右が加工後。肩先のパーツをシャープ化しています。

和歌:肩はまだ作っていないんですね。

令人:肩はちょっと凝ったスジ彫りを入れるので、後回しになっています。

 

頭部

f:id:Chiharo:20220219000125j:plain

和歌:なんか、目が大きくないですか?

令人:頭部が非常に時間がかかっていて、まず、登坂のセンサーの塗り分けを何度もやり直しました。キットにはホイルシールが付いていますが、ある理由によってシールは使わず、いや、塗り分けの際のマスキングとして使ったな。あまり上手くいかなかったけど。

和歌:目、っていうかカメラアイもシールが付いていますよね。

令人:カメラアイの部分だけを切り抜いて使おうと思ったんだけど、カッターの刃が円くなっていたのか、上手く切り抜けず、そのまま使おうとしたら位置決めで何回も剥がしている内にボロボロになってしまい、目のモールドも見えなくなってしまったので、仕方なくカメラアイを自作することにしました。使った0.3mmのプラ板です。

f:id:Chiharo:20220219000153j:plain

令人:シールを貼って、それに合わせて切ろうとして、左側はまだいい方なんだけど、右目がちょっと大きかったですね。これ以上やるとドツボに嵌まりそうだし、この画像は下から撮ってるからなおさら大きく見えるのであって、顎を引けば上側はヘルメットのひさしに隠れてイイ感じになるんじゃないかと思います。

和歌:この塗装は蛍光グリーンですよね。蛍光色を使っていると云うことは、まさか――

令人:今はまだ云うべき時ではないぞ。全てが完成してからだ!

和歌:そんなにもったいぶるほどのことでもないと思うんですけど……

 

腰部――フロント&サイドアーマー

f:id:Chiharo:20220304010544j:plain

令人:こうやって改めて見ると、フロントアーマーの先っぽももっとシャープにした方が良さそうだな。

和歌:何故、サイドアーマーは一つだけなんですか?

令人:2回目の塗装をしようと先端のパーツを持ち手棒に挟もうとしたら、外れて飛んじゃってね。飛んだ先が家で一番雑然としたところで、結局見付からなかった。後でまとめてパーツ請求します。

和歌:それにしてもキレイに塗り分けましたね。

令人:シルバーの部分はいずれも別パーツになっているので、塗りやすかった。いや、ほんとユーザーフレンドリーな設計だよ、このキットは。

 

和歌:はい、今回はここまでですね。次はいつになります?

令人:今は、肩のモールド作りが難航しているところです。とにかく、1ヶ月はあけないようにしたいと思っているけど、繁忙期に入って土曜日も仕事が入ったり、平日も

外で仕事すると帰りが遅くなるしで、1年で一番忙しい時期に加えて、勉強する時間も必要なので、気長に待っていただけるとありがたいです。

和歌::まあ、とにかく次はインフィニットジャスティスの続きですね。

令人:そうだね。あ、でも今、スーパーメサイアの改修もぼちぼちやってます。

和歌:スーパーメサイア!? マクロスFの? うあー、楽しみ。

令人:翼の付け根が両方とも壊れてしまっているので、いろいろ思案中です。

和歌:と云うことで、また次回にお目にかかりましょう。

 

 

 

 

2021年に作ったプラモデル

令人:こんにちは! 今年最後の更新です。

和歌:昨年同様、今年に作ったプラモデルをまとめますね。

令人:まずはもちろんこちらから。今年の大半を使って完成させました。

f:id:Chiharo:20211231230430j:plain

和歌:MGエールストライクガンダムver.RMとランチャー・ソードのストライカーパックですね。

令人:そしてそれらを統合した、パーフェクトストライクです。

f:id:Chiharo:20211231231019j:plain

令人:2月から作り始め、完成が10月。足掛け9ヶ月ですね。このキットは始めてピンバイスを使ったり、ガンダムマーカーのシャインシルバーを使ったりと新しい技術やツールを使って、長く楽しめました。

和歌:本体のオリジナルカラーもいい味だと思います。

 

令人:そしてこのカラバリの検証のために作ったのが、このSDストライクガンダム

f:id:Chiharo:20211231231745j:plain

和歌:これは素組みの方ですね。

令人:リマスター版の制作より先にパーフェクトストライクを実現させた伝説のキットです。

 

令人:次は昨年から作り始め、今年に入って完成したこちら。

f:id:Chiharo:20211231232337j:plain

和歌:RGのストライクフリーダムです! いやあ、やっぱカッコイイですね。

令人:RGならではの新しい解釈によってウイングが大きく広がるようになりました。

和歌:そして拡張パック「天空の翼」を使用したものも。

f:id:Chiharo:20211231232718j:plain

令人:天空の翼だけでなく、スーパードラグーンの射出エフェクトもセットになっていました。

 

令人:そして、作ったのは以前ですが、今年は2体のヘッドディスプレイに発光処理を施してみました。

f:id:Chiharo:20211231233146j:plain

 

令人:今年は以上になります。

和歌:去年に比べて、かなり少ないですね。

令人:今年はパーフェクトストライクを丁寧に作りたかったので、一体に時間を掛けました。忙しくて時間が去年より取りづらくなったこともありますが。

和歌:パーフェクトストライク1体と云ってもストライカーパックが3つもありましたからね。

令人:来年も1体1体丁寧に時間を掛けて作っていくことになりそうです。

和歌:それでは来年もよろしくお願いいたします!

 

 

 

 

[番外編]バンシィ ヘッドディスプレイ

こんにちは! 管理人のChiharoです。

およそ半年ぶりですが、今回はユニコーンガンダムのヘッドディスプレイの姉妹機、バンシィのヘッドディスプレイとなります。

 

では、早速見ていきましょう。

f:id:Chiharo:20211209214820j:plain

バンシィはアンテナもクリアパーツになっていました。

塗装はガンダムマーカーのゴールドとシルバーをエアブラシシステムで吹き、トップコートの光沢で仕上げています。当初はもう少し塗り分ける予定でしたが、思った以上に金がキレイだったので、このままにしました。

 

正面から見ると、

f:id:Chiharo:20211209214758j:plain

ユニコーン同様、1本のツノにはなりません。PGは磁石を使っているそうですが、

こんなに薄い磁石は売っていないので、諦めました。

そしてリアビュ-はこんな感じ。

f:id:Chiharo:20211209215809j:plain

ユニコーンでの反省を活かし、今回はちゃんとスイッチ付きの電池ボックスを使用しています。背中側をヤスって平らにして、瞬着で接着しました。

f:id:Chiharo:20211209220224j:plain

裏面です。この電池ボックスは銅線が出ていたので、LEDの銅線とハンダ付けで接続しました。

 

さて、次はデストロイモードです。

f:id:Chiharo:20211209215402j:plain

シンプルなユニコーンとは対照的に派手なツノですが、さすがに鬣(たてがみ)には見えませんね。

 

それでは、いよいよ発光させます。

f:id:Chiharo:20211209221020j:plain

ユニコーンモードの単品は正面からしか撮っていませんでしたが、発光しているのかどうか分かりにくいですね。LEDは黄色を使っています。

次はデストロイモード。

f:id:Chiharo:20211209221454j:plain

ユニコーンと違って、ユニコーンモードのマスクがクリアパーツなので、デストロイモードにした時にも光を遮らないので映えますね。

f:id:Chiharo:20211209221732j:plain

正面から見ると、マスクの横から光が漏れ出ているような感じになります。

 

明るいところで発光させるとこんな感じになります。

f:id:Chiharo:20211209222048j:plain

首の上下の軸がユルユルになってしまったので、仰向くかうつむくかしかできない……

 

 

f:id:Chiharo:20211209222403j:plain

ユニコーンとの競演。まずはユニコーンモード。

 

f:id:Chiharo:20211209222519j:plain

ユニコーンはカメラアイの周りを黒く塗りました。これによって、カメラアイが分かりやすくなりましたが、赤い目になってしまいますね。

 

バンシィのカメラアイが見えにくいので、角度を変えて少し寄ってみます。

f:id:Chiharo:20211209222756j:plain

 

しまった、顔に何かが付いてしまっている!おそらくトップコートがダマになってしまったのではないかと思われます。削って修正しないと。

顎の上の2本のスリット部分は、ピンバイスを使って開口し、そこからも光が漏れるようにしています。

 

f:id:Chiharo:20211209224224j:plain

ユニコーンユニコーンモードの光が見えにくいので、寄ってみました。

ちょっと下からあおり気味に撮っていますが、奥にツインアイが光っているのが分かります。

f:id:Chiharo:20211209224426j:plain

ちなみに黄色で囲まれている部分がLEDです。

一昔前だったらムギ球を使ってたんでしょうね。懐かしい……。

 

 

以上、ヘッドディスプレイでした。

後に電池ボックスを装着するために切り落としているので、

もうディスプレイベースとしては使えませんが。

 

次は何を光らせようかな。

 

f:id:Chiharo:20211209225011j:plain

 

f:id:Chiharo:20211209225039j:plain

 

RG デスティニーガンダム その6

令人:こんにちは! 今回は再撮影したRGデスティニーです。

和歌:今回は画像が多いため、動作が重くなってしまったらすみません。で、なぜ急にデスティニーなんですか?

令人:一旦完成したときに、可動指が外れたりして、このソードの両手持ちができなかったんだよね。

f:id:Chiharo:20211115005245j:plain

和歌:劇中でも光の翼を展開してソードを構えるシーンがあったかと思います。

令人:HGCEのキットを買って手首パーツを取り替えようかなと思っていたところ、こんな物を見つけました。

f:id:Chiharo:20211115005329j:plain

和歌:パーツセット?

令人:初めて地元のイエローサブマリンに行ってみたところ、こういうパーツセットが多数置いてあって、探したら求めていたものがあったんだよ。

和歌:で、手首パーツを交換したんですか?

令人:それがな、一度試しにRGの残りの手首パーツを使ってみたら、両手持ちができちゃったんだよ。

f:id:Chiharo:20211115005304j:plain

和歌:じゃあ、せっかくパーツセット買ったのに、無駄だったんだ?

令人:せめて、パルマ・フィオキーナのエフェクトを使おうと、HGCEの手首をいくら削っても上手くRGに嵌まらない。そこで発想を転換して、エフェクトのピンが1.1mm位だったので、RGの掌に1.2mmのピンバイスで穴を開けました。その結果がこれです。

f:id:Chiharo:20211115005410j:plain

 

f:id:Chiharo:20211115005440j:plain

和歌:手のひらビームが再現できたんですね。

令人:RGにはビームを放っている形の手首パーツはあったから良かった。で、ついでにリングライト使って撮影し、切り抜きをしたんですが……

和歌:ですが?

令人:このデスティニーってウイングの一部を白くしたじゃない。

和歌:はい。今見てもいいアレンジだと思います。

令人:ただし、切り抜きには向いていなくて、白バックでも黒バックでも背景と同化しちゃうところができちゃうんだよね。

和歌:グリーンバックだったらいいんじゃないですか。

令人:グリーンバックだとこうなっちゃう。

f:id:Chiharo:20211124010216p:plain

 

和歌:ああ、グリーンが透けちゃうんですね。

令人:本来の色と大分変わっちゃうからね。

和歌:その苦心の結果がこれですね。

f:id:Chiharo:20211115005521p:plain

令人:これは黒バックの画像を切り抜きました。

和歌:背景が宇宙だからピッタリですね。

令人:でも、これ見て。

f:id:Chiharo:20211124010827p:plain

和歌:ああ、こっちの方が光の翼が光ってる感がありますね。

令人:けど、ウイングの端のホワイトの部分が無くなっちゃっている。どうしても上手く切り抜けないので、いっそのこと、ってホワイトの部分も削ってしまった。

和歌:なるほど。選択が難しいところですね。

 

f:id:Chiharo:20211115005638p:plain

令人:最初にパルマ・フィオキーナを使ったのが、地球上だったので、背景に空を使ってみました。

和歌:でも、あれって夜でしたよね。

令人:しまった……

 

和歌:では、次回はチラ見したあれが?

令人:そうなのだけど、パーツセットの残りを使ってスジ彫りの練習をするので、また

少し時間が空くかもしれません。

和歌:あ、多分その間に管理人がなんか出したいって云ってましたよ。

令人:じゃあ、そこは任せよう。それでは、また。

和歌:せっかくなので、他にもいくつか画像を載せておきます。

f:id:Chiharo:20211115005710p:plain

 

f:id:Chiharo:20211115005758p:plain

 

 

f:id:Chiharo:20211115005831j:plain

f:id:Chiharo:20211115010043j:plain

 

f:id:Chiharo:20211115010216j:plain




MG パーフェクトストライク その16(完結編)

令人:こんにちは! 今回は完結編というか、おまけみたいなものです。

和歌:それでは、早速見てみましょう。

f:id:Chiharo:20211029023755j:plain

和歌:おお、これは壮観ですね。

令人:歴代の「オーブの守護神」の揃い踏みです。

和歌:パーフェクトストライクはオーブ解放戦の時に活躍していましたけど、ストフリは?

令人:アークエンジェルの部隊は一度オーブ宇宙軍として編入されているからね。

和歌:なるほど。――パーフェクトストライクとアカツキが併存することは正史では無かったけど、もしあったとしたら誰が搭乗したんでしょうかね?

令人:ストライクの予備パーツで作ったストライクルージュはキラがエターナルに乗り捨てているから、戦後にオーブに戻ってきててもおかしくない。モルゲンレーテ社が補修してオーブに納めてたら、キサカが乗ったかもしれない。

和歌:でもキサカはバルトフェルドから専用ムラサメを譲り受けたという噂も――。

令人:よく知ってるな。じゃあ、その時に交換したかもしれない。

和歌:じゃあ、最終的にはバルトフェルドの所に?

令人:いかなバルトフェルドとはいえ、隻腕でパーフェクトストライクの武器管制は使いこなせないだろうから、複座に改装しているかもね。もともとラゴウも複座だったし。

和歌:じゃあ、アイシャは死んじゃったみたいだし、相方はダコスタあたりかしら。

令人:無理矢理付き合わされてそうだな(笑)

 

f:id:Chiharo:20211029024018j:plain

令人:アカツキはMGが出ていないので、1/100キットです。画像はシラヌイパックを装備していますが、どうしてオオワシパックを捨ててしまったのか。

和歌:勿体ないことを。

 

f:id:Chiharo:20211031221324j:plain

令人:ストフリはMGのフルバーストモードです。どちらも以前ブログで取り上げていますので、右の検索または履歴からご覧ください。双方とも2019年の10月です。

 

令人:さて、合成のための切り抜きですが、今回は苦労しました。最初はグリーンバックで撮ったんですが、白いパーツだけでなく、アカツキのメッキに思いっきりグリーンが映ってしまっていました。黒バックにすると、アカツキのシールドやストフリの濃い色の部分が黒と同化してしまうので、切り抜きしづらい。

結局、白い壁をばっくにして切り抜きました。

和歌:その結果がこれ。

f:id:Chiharo:20211029024044p:plain

令人:ちなみに切り抜きや合成はスマホで行っています。良いアプリを見つけたので。

 

和歌:さて、これでMGパーフェクトストライクは完了です。今年の2月から足掛け9ヶ月、お付き合いいただきありがとうございました。

令人:一つ、じゃない、二つのキットで9ヶ月も楽しめたのだから、コスパが良いな。今回はピンバイスやサークルマスクを初めて使ったり、真鍮線で補修したりと大変だったけど、その分楽しかったですね。

和歌:ところで、こうやって揃えると、インフィニットジャスティスも並べたくなりますね。

令人:ふふふ。チラ……

f:id:Chiharo:20211031224706j:plain

和歌:ああ、それはもしかして!

令人:次回をお楽しみに!

 

f:id:Chiharo:20211029024115p:plain

 

f:id:Chiharo:20211029024305j:plain

 

MG パーフェクトストライク その15

和歌:こんにちは! いよいよパーフェクトストライクのお披露目です!

令人:パーフェクトストライクとなるためには、事前にひと手間必要で、エールストライカーの一部を伸長させなければいけません。こうすることによって、ソードとランチャーを接続するための開口部が現れます。

f:id:Chiharo:20211024011404j:plainf:id:Chiharo:20211024011444j:plain

令人:さらにランチャーの方には接続パーツが必要です。この時しか使わないパーツなので、先に本体を造ってランナーを捨ててしまうと、パーフェクトストライクができなくなるので、気を付けましょう。

和歌:それでは、いつもの3方向から。

f:id:Chiharo:20211024011823j:plain

和歌:おお、これも自立しますね!

令人:微妙なバランスが必要だけどな。実際は軽く膝を曲げたりしている。

f:id:Chiharo:20211024012748j:plain

f:id:Chiharo:20211024012050j:plain

 

f:id:Chiharo:20211024012109j:plain

和歌:背中は一気に密度感が増しましたね。

令人:バッテリーパックも増設したからな。ちなみにバッテリーパックはこんな風に塗り分けてみました。

 

令人:また、最近定番のあおりで撮るとこんな感じです。

f:id:Chiharo:20211024012843j:plain

 

令人:ちなみに、組み上げると目立ちませんが、増設バッテリーも塗り分けました。

f:id:Chiharo:20211025224646j:plain

和歌:デカールが足りないんじゃないですか?

令人:いつの間にか剥がれちゃってたんだよ。あ、丸いシルバーはオリジナルです。

 

和歌:次は武装ですね。

令人:ここは、久しぶりに台座を使って撮りました。

f:id:Chiharo:20211024013840j:plain

和歌:まずはシュペルトゲベールですね。刃渡り15メートルの対艦刀です。

令人:昔、斬馬刀という長大な刀があったらしいけど、これは戦艦相手だからスケールが違う。片手で保持させるのが大変でした。

 

f:id:Chiharo:20211024013959j:plain

和歌:そして長距離ビーム砲、アグニですね。

令人:アグニってのは、火の神様の名前だね。

 

令人:そして、今回の合成写真です。今回は3つも作ってしまった。

f:id:Chiharo:20211024014206p:plain

 

f:id:Chiharo:20211024014243p:plain

 

和歌:これで、長きにわたったパーフェクトストライクも終わりですね。

令人:まだだ。まだ終わらんよ。ついでに撮った写真があるので、次回おまけとして掲載します。

和歌:なんだか分からないけど、そういうことだそうですので、後1回、お付き合いください。



http://blog.with2.net/ping.php/2036532/1587147654